アホヲタ元法学部生の日常

アニメを見て法律を思い、法律を見てアニメを思う法アニクラスタ、ronnorのブログ。頻繁にツイッター(@ahowota)に出没しております。メールはronnor1あっとgmail.comへ。BLJにて「企業法務系ブロガー」として書評連載中。 #新人法務パーソンへ #オタク流勉強法 #明認方法 「アホヲタ元法学部生の日常」(ブログ)、「これからの契約の話をしよう」(同人誌)、『アニメキャラが行列を作る法律相談所』(総合科学出版)等。

リーガルマインドとは何か?ー「素人が法律を一つ学ぶなら何か」論争からの示唆


1.素人が法律を一つ学ぶなら何か
 先日、「素人が法律を一つ学ぶなら何か」という質問がツイッター上で議論された。色々な方が、ご自身が重要と思われる法律を挙げられていたが、私は納得できなかった。



 そこで、要旨「どうしても1つ挙げなければいけないなら憲法である。憲法を学ぶ中で、民事法の入門、刑事法の入門、行政法の入門、手続法の入門をすることができ、このようにして六法(行政法を加え、商法を除いたもの)の基礎的知識を学んで初めて、直面する問題を法律を活用して適切に解決できる*1」という趣旨のことをつぶやいたが、表現等に十分ではないところがあり、色々な方からご指摘を受けた。この点については反省しているものの、逆に言えば、この過程で色々と教わることができ、理解が深まった。そこで、この過程でより自分の中で明確となったリーガルマインドとは何か、法学教育とは何かについて、私の理解をまとめたい。本稿にあたっては、特にやっしー様(@yassi___)と、松中学先生(@mana613)のお二人と議論させて頂いた内容を参考にさせて頂いているが、本稿中の誤りは全て私の責任である。



2.質問そのものに内在する問題
 「素人が法律を一つ学ぶなら何か」という質問はその質問そのものに大きな問題を内包している。すなわち、その質問から、素人がその1つだけを学んで、役に立つような法律が存在するという前提が透けて見えるのである。もう少し言うと、六法の基礎的理解がない素人であっても、個別法をどれかを選択してそれだけを勉強するとその人にとって役に立つという前提が、「素人が法律を一つ学ぶなら何か」という質問に必然的に内包されている。


 しかし、私はこの前提が本当なのかという点についてかなり懐疑的である。もちろん、どれか1つの法律を学ぶ中で今まで知らなかった知識を得ることはできるだろう。そのような点に鑑みると、素人が1つ法律を学ぶこと自体を無意味と切り捨てることは必ずしも適切ではない


 しかし、本当に1つだけ法律を学んで「役に立つ」のだろうか? これが私の疑問であり、本稿においてこの点を少し検討してみたい。



3.「玄人」が学んできたリーガルマインド
 「素人」という言葉の対義語としては、法学部やロースクールを卒業した人が「玄人」として想定されているのだろう*2。法学部・ロースクールで勉強する6年(ないしは7年)の期間に我々は何を勉強してきたのだろうか


 頻繁に、法学部・ロースクールではリーガルマインドを学ぶと言われる。リーガルマインドの意義については様々な議論があるが、本稿は論文ではないので、いちいち過去の議論を引く事はしない*3が、様々な人が様々な定義を述べている。
 私の理解するところによれば、「リーガルマインド」という言葉ははっきり言って、ふわふわした「バズワード」として利用されてきている。


 人々がこれまでどれだけ多くのものを「リーガルマインド」と言う言葉に込めてきたかを象徴するものとして、Z会法科大学院対策教材においてまとめられた内容が参考になる。

(1)具体的な社会的事実や問題から、法的に重要である事実を選び出し、 法律問題として把握し、分析すること。
(2)関係者の言い分を公平に聞くこと。
(3)各問題について、法原則や条文を根拠とする合理的な推論によって論理的に考え、きちんとした法的理論構成を行うこと。
(4)自分の結論が社会の常識や良識からかけ離れていないか、またその結 論をとった場合に社会的に不都合が生じないか、生じるとしても許容 範囲といえるかどうかをチェックすること。また、その際、正義・人権・自由・平等などの法的な価値を重視すること。
(5)各問題から導き出した結論を、条文によって根拠づけ、思考の過程とともに関係者へ示し、説得すること
http://www.zkai.co.jp/ca/g/kyozai/pdf/GL11.pdfより


 これを読んだ私の感想は、法学部・ロースクールで教えたい内容(習得すべき内容)の総体について包括的に「リーガルマインド」という言葉で総称しているというものである。



4.私の理解するところの「リーガルマインド
 リーガルマインドという言葉を使った一番初期の文献の1つに、1933年に公刊された、Sir Maurice Amosの「リーガルマインド(The Legal Mind)」*4が挙げられる。Amosの理解するところのリーガルマインドとは、具体的事件から法的な抽象化をなして法的結論を導く論理を駆使できる、法律家集団の集団精神(the group-mind)である*5


 私は、このAmosの理解を参考に、リーガルマインド



「法律を使って適切に問題を解決する能力」



だと理解している。上記のようにリーガルマインドの内容だとして言われている様々な内容は、「適切に」問題を解決するために必要な「各論的」話であろう。


 法学部・ロースクールは、6年(又は7年)かけて色々な事を教えてくれる。そしてその内容は、個別の法律の個別の条項の解釈・適用を学ぶことであるとの誤解がされることがある。しかし、そのような個別的な知識は本質ではない。個別の事案を通じて、どんな問題に直面しても法律を使って適切に解決できる力を涵養しているのである。


 その基礎になるのが、六法の基礎的な理解である*6。ここでいう六法は私は商法を外し、行政法を入れた憲法民法・刑法・民事訴訟法・刑事訴訟法行政法という意味で使っている*7


5.六法の基礎的理解と個別法の関係
 六法の基礎的理解が重要なのは、全く見知らぬ法律の見知らぬ条項を見た時にそれを理解するガイドラインを与えてくれるからである。


 知らない法律であっても、六法の基礎的理解があれば、例えば、刑法の基礎的な理解に基づき、「この規定は刑罰法規なので、類推適用が禁止されるな」と考えることができる。また、例えば、民法の理解に基づき、「この規定は民事規定で、強行規定ではないから、任意規定であり、当事者が合意すればこの規定と異なる定めをすることができるな」と考えることができる。


 こういう理解がないまま、個別法を学んだとしても、せいぜいこういう条項があるというクイズ的知識を蓄積できるに過ぎない。もちろん、そういう知識であってもないよりはある方がいいので、無意味ではないものの、六法の基礎的理解がない人が個別法を学んだことで「自分はこの分野の問題を法律を使って解決できる」と誤解することは危険であり、時には有害ですらある


 例えば、交通事故なんていう事案は比較的分かり易いだろう。たった1つの交通事故事案であっても、その中には、
・民事(不法行為責任、保険)
・刑事(自動車運転過失致死傷罪等)
・行政(免許取消等)
・訴訟(民事訴訟法、刑事訴訟、行政訴訟
等の様々な法律分野の問題が複雑にからみあっている。ある1つの法律を勉強したからといって、交通事故事案を適切に解決できると思ったらそれは大間違いであり、明後日の方向に向かってしまう可能性すらある。だからこそ、そのような問題解決の基礎となる六法の基礎的な理解が必要なのである。


6.「データベースは結論を出せない」
 この問題についての私の理解を一言で述べた言葉を氷菓米澤穂信著『古典部』シリーズ)の登場人物である福部里志が述べている*8


「データベースは結論を出せない」


 である。


 六法の基礎的理解がないまま1つの法律を一生懸命勉強しても、その法律の知識が「データベース」にたまるだけであって、その法的知識を使って適切に問題を解決することはできない。きちんと六法の基礎的理解を習得してはじめて、データベースから、問題解決者へと変わることができるのである。

まとめ
 法学部・ロースクールで6年ないし7年の長期間に渡ってやっていることは個別法の知識の暗記ではない。
 やっているのは、リーガルマインドの育成、もう少し具体的に言えば、六法の基礎知識を元に法律を使って適切に問題を解決する能力を涵養するということである。
 逆に言うと、この能力を習得しないまま法律を勉強するのは、「データベース」としてクイズ的知識を蓄積するだけであって、「データベースは結論を出せない」というとおり、問題を適切に解決できるようにはならない。
 その意味で、「素人が法律を一つ学ぶなら何か」という質問そのものには根本的な欠陥があるのだ*9

*1:つまり、「憲法」だけを学べば十分ということではなく、「憲法を通じて六法の基礎的知識をきちんと習得してください」という趣旨である。そもそも憲法を最初に勉強することは思想や歴史が好きな人以外はあまり適切ではなく、民法や刑法の具体的な事例を知ってから憲法を勉強した方が順番としては適切であろう。

*2:なお、自分自身が「玄人」だというつもりはない。私は永遠の「学習者」に過ぎない。そもそも、憲法・刑法・民法もまだ熟知という領域に達しておらず、少年法なんて基礎知識も怪しい位である。ね、前田先生?

*3:主な文献として、加藤一郎「リーガルマインドについて」法教133号6頁、竜崎喜助「法学部というところ(2)」白鴎法学2号311頁、駒村圭吾リーガルマインドをめぐって」白鴎法学2号197頁、石井幸三「いわゆる『リーガルマインド』という日本語について」龍法45巻1号103頁等参照

*4:Amos,’The Legal Mind’,LQR 49

*5:上記石井論文111頁も参照のこと

*6:加藤一郎他『法律学をどう学ぶべきか』41頁の「そういう場合も、やはり基本的な法律科目が非常に重要だと思う」「基礎的な考え方なり、知識なり(略)を身につけていれば(略)一応の解決は自分で見出せるのではないか」も参照

*7:商法も確かに大事であるが、行政法は約2000ある日本の法律の大部分を占めることから、行政法総論により行政法の基礎理論を学ぶことはもっと大事である。

*8:アニメ版の千反田えるたんが超可愛いので、アニメ未見の人は必ず見るべきである!!! 後、漫研の河内亜也子ちゃんもなかなかいい味出してますよね(私も同人作家の端くれなので。。。)。

*9:そもそも、素人が個別法の本を読んでそれですぐに問題を適切に解決するようになるのであれば、我々は法学部・ロースクールで6年ないし7年の長期間に渡って何をしてきたのかということになるだろう。

最速レビュー「自然言語判例検索LEAGLES」〜「あらゆる法曹関係者に寄り添った判例検索サービス」は実用に堪えるのか?

入門 自然言語処理

入門 自然言語処理


1.趣味は判例検索です!
 人の趣味には色々な趣味があるだろうが「趣味は判例検索です!」という人はあまりいないのではなかろうか。私は数少ないそういう「変な趣味」を持っており、


 サイ太先生が大噓判例八百選を書かれた際には、メジャーな判例データベースのクロスレビューに参加させて頂いたりした。
年齢認証


2.期待したい判例検索
ここで、判例データベースの検索方式が、30年遅れというのは昔から思っていたことである。例えば、判例を検索する時に我々が知りたいのは、システム開発でベンダーが敗訴した事件」とか「慰謝料が高額な離婚訴訟」の判決なのであるが、これをそのまま入力しても何も求めたい判例は出てこない。例えば、システム開発であれば「システム」「プログラム」等のキーワードを自分で考えて検索する必要があり、大変面倒くさい訳である。


 ここで、2015年5月20日にサービスインした「自然言語判例検索LEAGLES」は、自然文検索を可能とすることによって、より検索が容易になることをうたっている。

http://joyonews.jp/smart/?p=5252


あらゆる法曹関係者に寄り添った判例検索サービス
といううたい文句は、なかなか魅力的である。



これは使ってみなければ!




 ということで、しばらく使ってみた。





3.収録判例が少ないです。。。
 まず、実務でまともに使える判例データベースは公刊判例を最低限網羅していないといけない。例えば、判例タイムズ判例時報といった一般的な判例雑誌に掲載されている判例を知らないで準備書面なんかを書くと、後で相手方から、この判決は高裁でひっくり返っていますよねとか判例の大勢は逆の判断をしていますよね等といわれて恥ずかしい思いをする。 
 その観点からすると、例えば、最高裁判所が提供している判例データベースは、「司法の透明性」や「裁判の公開」という趣旨で提供されているに過ぎず、商用データベースを契約しなくても、最高裁HPがあるからいいや等というのは、まともな実務家であれば口が裂けても言ってはならないだろう*1


 この観点からは、「自然言語判例検索LEAGLES」は判例の網羅性に欠けている。


 例えば、単純な話だが、代表的な商用データベースの1つであるWestlawで「アニメ」で検索すると、2015年5月20日現在277件が出て来る。。上述のように網羅性に欠ける最高裁HPすら130件である。



 これに対し、「自然言語判例検索LEAGLES」はなんと驚きの71件である。


 最高裁HP掲載判例の一部をデータベースとして収録しているだけであると理解される。


 もしも、有料にして実務に使って欲しいのであれば収録判例を大幅に増強する必要があるだろう。収録件数を概ね4倍に増して約20万件にまで増やせば実用に堪えると思われるので、この点を期待したいところである。


4.検索精度が悪いです。。。
 基本的には、自然言語検索はアルゴリズムが勝負であろう。つまり、「人間が自然言語で書く内容」と「データベースに対するデータ呼び出し命令」をどのように対応させるかという検索アルゴリズム次第で、精度は高くなったり低くなったりする。


 初歩的な自然言語検索アルゴリズムは、助詞等を削除し、名詞と動詞を取り出して、それをキーワードとしてキーワード検索をかけるというものであるが、それだと当然検索精度は上がらない。LEAGLESはどうだろうか。


 上記の2つの事例でLEAGLES検索をやってみた結果を紹介しよう。


まず、「システム開発でベンダーが敗訴した事件」だが、これは全くダメである。出て来たのは2件で、1件目は札幌高判平成21年3月26日であるが、これは「配転無効確認請求」であって、システム開発訴訟ではない(!)。検索結果画面を見る限り、「社内システム」というキーワードと「敗訴部分を取り消す」というキーワードに反応したと思われるが、全く違う。2件目は知財高判平成20年9月29日であるが、これは特許権侵害差止請求控訴事件であり、「敗訴部分を取り消す」というキーワードと「カードベンダ」という被告名に反応したようである。


次に「慰謝料が高額な離婚訴訟」だが、一応25件出て来た。しかし、離婚訴訟事件がなかなか見つからない
25件のうち離婚訴訟は1件、岡山地判平成15年2月18日であった。まあ、確かにこの事案は「慰謝料が高額な離婚訴訟」なので、その意味では当りといえば当りなのだが、いくらなんでも、1件だけというのはないのではなかろうか。


 一応出て来るタグ等を見ると、単に名詞と動詞を取り出して、それをキーワードとしてキーワード検索をかけるというのではなく、裁判年、参照法条、賠償金額、裁判所、権利種別、訴訟類型、裁判結果等で一応各判例を分類(タグ付け?)し、それに基づき最適化を試みているというような努力の跡は見られるが、まだまだ実用に堪える検索精度ではないだろう。

まとめ
あらゆる法曹関係者に寄り添った判例検索サービスを作りたいとして、判例データベースに自然言語検索を持ち込んだLEAGLESの発想は正しいし、非常にワクワクする構想である。
ただし、収録判例数と検索精度の問題から、法曹実務家が実務で必要な判例検索を行う上で利用可能なものにはなっていないのは大変残念である。
どうも現在は無料お試しキャンペーンであり、8月20日から本格的にサービスが提供される(有料化)そうである。それまでの間にこの2つの課題を解決できるのか、これがLEGALESが本当に法曹関係者に寄り添えるかの試金石と思われる。
これから3ヶ月、LEGALESの頑張りにおおいに期待したい!

*1:なお、即独の方等が「弁護士会の図書館等で判例データベースを調べるので、自分では判例データベースを契約しません」といった選択肢自体はありえると思われる。

紹介のお礼

「鬼門! 原作者チェック」〜判例に見るSHIROBAKOの法律問題 - アニメキャラが行列を作る法律相談所withアホヲタ元法学部生の日常
セキュリティホール memo
http://homepage1.nifty.com/maname/
MOON CHRONICLE
に取り上げて頂きました。お陰様でブックマーク数がすごいことになっております。どうもありがとうございます!

10年目記念企画〜アホヲタ法学部生の日常10夜連続更新!

アニメキャラが行列を作る法律相談所

アニメキャラが行列を作る法律相談所


 もう遥か昔のような気がしますが、本ブログ*1は、2005年9月20日に始まりました。ちょうど筆者が現役の*2大学法学部4年生だった頃であり、確かその頃は、旧司法試験*3の対策に必死で取り組んでいた気がします。「そうだ、京都、行こう!」*4と、京都旅行に行ったのですが、オタクとしての当然の習慣から現地のアニメイトに行き、そこで見つけた「苺ましゅまろ」の内容と、当時まだ幹事長代理だった安倍現首相*5日本国憲法批判が脳内でリンク(別名「妄想」)したことから、記事を書きたくなり、このブログが始まりました。


憲法前文と苺ましまろ - アニメキャラが行列を作る法律相談所withアホヲタ元法学部生の日常


 その後、筆者は、いわゆるロースクール組として*6法科大学院に通うことになり*7、ロー卒業後、司法試験にも挑戦しました(合否はもちろん、「禁則事項☆」)。


 その後もいろいろありまして、結果的には、「お給料」をもらうようになり、外資系を含むいくつかの職場を転々とした後、一応企業法務の世界に住み着いたのかなぁ、という感じで*8、この9月20日でこのブログも10年目に入ります


 この間には、Twitterを始めたり(@ahowota)、同人誌業界に参入(サークルQB被害者対策弁護団)したり、商業出版をしたり…

アニメキャラが行列を作る法律相談所

アニメキャラが行列を作る法律相談所


  と、一言では言い表せないほど色々ございました。中でも、読者の皆様と交流し、色々な啓発を受けることができたことが一番の思い出です。とかいうと、しんみりしてしまって、更新終了っぽいフラグがたちますが、このブログは、まだまだ続けるつもりですのでご安心(?)を


 10年もブログをやっていると、リアルの知り合いから、「アホヲタ法学部生の日常を読んでいる/読んでいた」*9と言われてドキっとすることも少なくない「中の人」です*10



 10年を記念して何かをしようと思ったのですが、あまりいいものも思いつかなかったところ、「そういえば、お蔵入りにしていた記事があったなぁ」ということを思い出しました。それぞれ、諸事情によりその当時「お蔵入り」という判断をしたのですが、探してみると思ったよりもたくさんあった上、もう5年以上経過して、諸事情も「時効」といってもいいでしょうから、これをうまく使えば、10夜連続更新になるじゃないか、ということでやってみたいと思います。


 ただ、あくまでも、5年以上前に一度書いて、諸事情でお蔵入りにしていた記事をほぼそのまま公開するものですので、今書いている記事とはかなり雰囲気が違いますし、そもそも、テーマにする「ネタが古い」というご批判は甘んじて受けたいと思います。むしろ、2008年くらいの「アホヲタ法学部生の日常」の雰囲気を再度感じて頂くというような趣旨でお読み頂ければ幸いです。


それでは、「お蔵出し」記事更新の始まり、はじまり〜!

*1:開設当時は「アニオタ法学部生の日常」でしたが、途中で自分が「アホ」なことを深く深く自覚して「アホヲタ」へと名前が変わります。そして、もう法学部生ではなくなったことから、「元法学部生」となります。

*2:バレバレですが、一応「禁則事項☆」ということで。

*3:その頃は「現行」と呼ばれていた気がする

*4:行政法ガール」の主人公の「僕」ではないですが。

*5:あの後、ここまで「憲法」について法クラにおいて議論を呼ぶことを度々なさるとは、その当時は全く予想もつかなかった訳ですが

*6:こちらも、バレバレですが、「禁則事項☆」ということで。

*7:(同じ学部ではあったものの)学部の時は「25番講堂にいたな」程度の認識だった方と、ローでかなり仲良くなったりしましたね。後、学部では、ライトな「アニメファン」が多かったのが、ローでは「ガチのオタク」が増えたような印象も受けておりますですが、これは私個人の周囲における特異な状況でしょうか。

*8:とかいいながらも、将来の転職や、別分野への参入の可能性自体は閉ざしておりません

*9:過去形の場合には、「Kaffeepauseの日記」様、「インテグリティな日々」様、「兵庫の日記」様等と並べて評されることが多い。なお、「Kaffeepauseの日記」は、http://d.hatena.ne.jp/Kaffeepause/で期間限定再公開されているが、読み出すと時間を忘れます、本当。

*10:なお、「中の人」の人数や、そもそも「中の人」が実在するかどうかについては、公式見解は出しませんので、ご想像にお任せします。

謝辞

新時代の司法試験は、ライトノベルで対策完了? ー大島義則「憲法ガール」 - アニメキャラが行列を作る法律相談所withアホヲタ元法学部生の日常
カトゆー家断絶様に取り上げて頂きました。ありがとうございました。
機能の黒板みたび様に取り上げて頂きました。ありがとうございました。

履歴書の書き方のポイント

あんまり多くないのですが、聞かれることが多い履歴書の書き方のポイントについて、5項目だけ独断と偏見で記載しました。

関連記事
弁護士事務所への就職活動の基本のキ - アニメキャラが行列を作る法律相談所withアホヲタ元法学部生の日常

1.ワープロでいいですか?
 明確に回答できる(Black Letter Rule)のは、「自筆の」とか「ワープロソフトにて必要事項記入、写真貼付」とか、指示があればその指示に従う必要があるということです。指示に従えないと、それだけで落ちます。「どちらでもかまわない」とする場合は、ワープロを理由に落ちることはありません*1


 難しいのは、特に指示がないところです。これは、「絶対という答えはない」とご理解下さい。
いくつかの判断要素としては、
・近年では、ワープロ履歴書への許容度合いが高まっている。
・年代が高い程ワープロ履歴書に抵抗がある先生が増える傾向(修習期から大体年齢が推測可能)
・字が下手な人は、「ワープロであることを理由に落とす事務所とは最初から縁がなかった」と割り切るのは1つの手
・字が綺麗な人は、その「美しい字であること」自体が好印象ポイントになり得る
という辺りですかね。


なお、手書きで書くことが求められる場合、「丁寧さ」が重要であり、「頑張って丁寧に書こうとしている」ことが伝わるかがポイントです*2


2.写真
インスタント証明写真機はやめましょう。その理由は、写真が「第一印象」を結構左右するからです。
別に美男美女でないと受からない*3
訳ではないのですが、「だらしない」「やる気がない」「根暗そう」という印象を与えたら終わりです。「清潔感のある」「真面目で」「前向きで」「明るそう」な印象を与える写真にしましょう。
写真館では、最近はメイク等を含めて、「自分を最大限よく見せる」就活写真を撮ってくれるサービスをしているところが増えています。高いですが、価値ある出費だと思います。
なお、フォトショして写真用紙に印刷というのは、倫理の問題がありそうですし、そこまですると、書類は通っても、面接で「あれ?」ってなる可能性があるので、あんまりオススメしません。


3.メールアドレス
 履歴書に書く欄があるかはともかく、メアドはほぼ必ずといっていいほど就活先の事務所に伝えることになります。実は、「キラキラメールアドレス」を理由にマイナス評価になる可能性があります。
 プライベートあれば、どんなメールアドレスでもいいですが、特に携帯のメールアドレスにつき、「えっ」と思われるようなものを事務所に教える方がいらっしゃるので、そういう場合はメールアドレスを変更する等の対応をされた方がよろしいでしょう。


4.「健康状態」欄
 そもそもそのような欄がないこともありますが、欄がある場合にどう書くかは難しいところです。参考になるのは、札幌高判平成18年5月11日労判938号68頁でして、視力障害がある労働者が健康状態として「良好」と記載された履歴書を提出しているという事案でした。

履歴書の健康状態の欄には、総合的な健康状態の善し悪しや労働能力に影響し得る持病がある場合に記載するのが通常である

として、これらに関係しない視力障害を申告しないことは経歴詐称に該当しないとされました。


5.賞罰
 最近ではフォーマットにこの欄を設けることがかなり減りましたし、特に「罰」について書かせることはプライバシー侵害だという議論もあります。



 そういう意味で、なかなか難しいのですが、裁判例からは、少年時代の非行歴は記載不要、前歴は記載不要、前科は説明が必要なことが多そう、公判継続中は有罪判決が下ったかが一応の基準という辺りの傾向が見られます。


まず、少年時代の非行歴については、福岡地判昭和49年8月15日労働判例208号31頁があります。

少年の保護処分等につき、少年法がそれが当該少年の将来の社会生活に不利益を及ぼすことのないよう極力配慮している趣旨に照らせば、採用時に少年時代の非行歴、保護処分歴の存在についてまで真実を述べることを義務づけることは公序良俗に反する

このように、少年時代の非行歴は含まないと解されます。


また前歴(つまり、有罪判決にならなかった場合)についても、仙台地判昭和60年9月19日労判459号40頁が

履歴書の賞罰欄にいう「罰」とは一般に確定した有罪判決(いわゆる「前科」)を意味するから、使用者から格別の言及がない限り同欄に起訴猶予事案等の犯罪歴(いわわゆる「前歴」)まで記載すべき義務はないと解される

としています。


前科については、調査の範囲が著しく不当又は明らかに不要と認められない限り、労働者は使用者から質問された範囲内の刑罰歴について真実を回答すべき義務があるとした判決*4や、最近でも、履歴書の賞罰欄に「なし」と記載した労働者を雇用したところ、実は、信用毀損罪で服役していたことから、前科の有無を偽り、また、服役期間に経営コンサルタントに従事していたと虚偽の申告をしていたことが発覚した事案において、勤務態度ともあわせて解雇が有効とされた事案*5があります。ただし、刑の消滅した前科及び前歴について、原告の業務内容がタクシーの運転に過ぎないこと等も重視して、履歴書の賞罰欄にそのような前科、前歴まで記載すべき信義則上の義務はなかつたというべきとした事案もあります*6


公判継続中については、無罪推定の原則から経歴詐称を否定したものがあります*7が、罰金7千円の判決の言渡を受けた後上訴して争っている場合、判決の確定前であつてもなお賞罰に関する人格評価の重要な経歴に属するとして、経歴詐称を認めた事案があることに留意が必要です*8

まとめ
履歴書について、独断と偏見に基づき、いろいろと書かせて頂きました。修習生に必要なのは「情報を疑う」というネットリテラシーですので、この記載も疑って、適切と思った情報のみを選別してご活用頂ければと思います。

*1:ただ、手書きの字がきれいな履歴書がプラス評価されることはあり得る。

*2:その上で美しい字であればプラスになり得る。なお、履歴書の記載事項 | 司法修習生・弁護士の就職活動マニュアル参照

*3:顔採用を噂される事務所は別

*4:名古屋地判昭和56年7月10日労判370号42頁。「入社希望者の採否に当って、その労働力の評価に誤りなきを期するため、全人格を調査の対象とし、これを認識するために必要な諸事項について調査することを常としており、刑罰歴も人格、性向等を知るためのものとして調査対象としていることが明らかであるところ、右調査の結果は、専ら使用者が労働者を採用するか否かを決するための資料とするものであるから、刑罰歴についていえば、如何なる種類の刑罰に関して調査するか、何年前までのものを調べるかなど調査の範囲は、使用者が自ら決すべきものであり、従って右調査の範囲が著しく不当又は明らかに不要と認められない限り、労働者は使用者から質問された範囲内の刑罰歴について真実を回答すべき義務がある」

*5:東京地判平成22年11月10日労判1019号13頁

*6:仙台地判昭和60年9月19日労判459号40頁

*7:佐賀地判昭和51年9月17日労判260号32頁。東京高判平成3年2月20日労判592号77頁も同旨。

*8:東京地決昭和30年10月22日労働関係民事裁判例集6巻6号788頁

憲法ガール書籍化に関するブログ記事一覧

憲法ガール

憲法ガール

バベル先生(大島義則先生、@babel0101)が司法試験近過去問をライトノベル形式で解説し、憲法の本質に迫る近刊、憲法ガール』の素晴らしさについては、常々当ブログや、ツイッターにおいて語って来たところである。
憲法ガールがいい! & 法学ガール企画予告 - アニメキャラが行列を作る法律相談所withアホヲタ元法学部生の日常参照。



平成23年5月9日、アマゾンでの予約が開始し、早速アマゾンの人気商品第一位を獲得する等、法学クラスタの話題をさらった。


以下、憲法ガール書籍化に関するブログ等の記事をまとめた。


バベル先生のブログ
http://d.hatena.ne.jp/tower-of-babel/20130509/1368110949


パウゼ先生(大学教員)のブログ
あの #憲法ガール がついに書籍化!ブログからまた新しい本が生まれました - カフェパウゼをあなたと


伊藤建先生(元伊藤塾講師、現修習生)のブログ
【ご紹介】大島義則先生著「憲法ガール」(法律文化社,2013年)がAmazonにて予約開始 | 憲法の流儀~実学としての憲法解釈論~


べーこんさん(法学部生)のブログ
http://ameblo.jp/bacon-law/entry-11527883752.html


内藤卓先生(司法書士)のブログ
「憲法ガール」 - 司法書士内藤卓のLEAGALBLOG


ブログ「司法試験とあれこれ」(受験生)
http://blog.goo.ne.jp/nagoyann55/e/e3c03119476e627e9acdd3aca86f6f39


ronnor(QB被害者対策弁護団員)
商法ガール平成24年〜憲法ガール出版記念特別版 - アニメキャラが行列を作る法律相談所withアホヲタ元法学部生の日常


[以下、5月11日以降発見したもの]


ほっぴーさん(ロースクール生)のブログ
憲法ガール | ほっぴーの司法試験日記


民法男子(学生)さんのブログ
民法男子第7.5話~法学を学ぼう!! ~ - 民法男子
憲法ガール紹介の前に、私の著書(「アニメキャラが行列を作る法律相談所」)もご紹介して頂きました。ありがとうございました。


企業法務戦士様のブログ
「指針」の前に考えるべきこと。 - 企業法務戦士の雑感
直接憲法ガールを取り上げた記事ではありませんが、
ソーシャルメディア時代の個人情報保護Q&A」の「執筆担当として、大島義則弁護士のお名前が挙がっている箇所に、(短い記述の中にも)バランス感覚の良さが窺えたので、個人的には、「憲法ガール」もいいけど、個人情報保護法の単著も是非お願いしたいなぁ・・・と、リクエストしておくことにしたい」
とのコメントがなされています。



ジョージさん(ロースクール生)のブログ
http://ameblo.jp/george711/entry-11528731557.html
「注1には憲法ガールのことに触れられていますね。楽しみが増しました。」とあります。
http://ameblo.jp/george711/entry-11527386771.html
「バベル先生の憲法ガールが書籍化されるそうです。しかも、京都の出版社から出されるそうです。買いですね。」とあります。


夢追人(ロースクール生)のブログ
http://ameblo.jp/dreamer-kouhei/entry-11529492546.html
憲法ガール・・・・・・名前を聞くだけでワクワクしますねw:」とあります。


ぷんさん(受験生)のブログ
一応 | それでも空を見ている
「佐伯先生の本とか、憲法ガールとか、事例研究民事法とか、解析民事訴訟法とか、気になる本が続々出版されたり、したので、とりあえず立ち読みですかね。」とあります。


蛇口さん(受験生)のブログ
5月9日の日記


Shelly1さん(法科大学院生)のブログ
http://ameblo.jp/shelly1/entry-11531689753.html
憲法ガールが書籍化されるようですね
宍戸先生と伊藤真先生が帯に推薦文を書く模様
個人的にはよくできてるなあと思います
たけるんブログと憲法ガールと木村ブログはネット憲法三種の神器だわな」
ということで憲法ガールが三種の神器として紹介されています。


朝ぷさん(法科大学院生)のブログ
http://asapstorage.doorblog.jp/archives/28211237.html
憲法ガール出版記念パーリィとか、事務所訪問とか、法テラス訪問とか、楽しみなイベントも沢山あるので、より精力的に、頑張っていきたいものです」とあります。


スケスケさん(予備試験受験生)のブログ
http://ameblo.jp/legal-sukesuke/entry-11534194697.html
今後の予定の憲法のところに
判例の読み込み&統治、作法、余裕あれば憲法ガール」
とあります。


White-knightさん(受験生)のブログ
択一発表まであと17日 使用教材〜憲法編〜 | 弁護士への道
「あとは、「憲法ガール」という書籍が出るようです。
これは、(新)司法試験の過去問を解説していったブログが書籍化されたものです。
私自身も憲法ガールは大変に参考にさせていただきました。
高度な内容をノベルにすることによって、非常に理解しやすい内容になっています。
既に予約済みですので、また書評を書く機会があれば書きたいと思います。
これからの受験生にとって「必読の書」になってくるのではないか、と思っています。」
とあります。書評が楽しみです。


もちづきさん(法科大学院生)のブログ
憲法ガール | もちづきの鎧袖一触、司法試験ブログ


荒川靖弘さんのブログ
「数学ガール」再読 他 — Baldanders.info
「月末に『憲法ガール』という本が出るらしい。 私はすでに予約済み。」とあります。


憲法ガールのイラストレーターさんのブログ
http://sorafilm.exblog.jp/17856150/
トウコイラストがあるのでネタバレに注意。


ブログ「I em onnjam」
http://blog.livedoor.jp/lemon_333/archives/28489334.html
「やることリスト」に憲法ガールが掲載されています。


私のレビュー記事
新時代の司法試験は、ライトノベルで対策完了? ー大島義則「憲法ガール」 - アニメキャラが行列を作る法律相談所withアホヲタ元法学部生の日常


ブログ「たーんみーおん - turn me on -」
憲法ガール と言う書籍 - たーんみーおん - turn me on -
法律文化社の新聞広告のご紹介。


ベントーク
『ベントーク』 - 司法試験、憲法の問題をストーリーベースで解いていく珍しいブログから書籍化したという「憲法ガール」。... | Facebook


ほっぴーさん(ロースクール生)のブログ
6月。 | ほっぴーの司法試験日記
「最近解いたH24の答案例を読んだのですが,論理は受験生がそのまま使えるようなもので,いいと思いましたが,あてはめにおける事実の評価が,相当に教養の高い人にしか書けないような気がする…と思いました。参考になることは間違いないです。」とあります。


ジョージさん(ロースクール生)のブログ
http://ameblo.jp/george711/entry-11541933671.html


パウゼさんのブログ
物語るブロガーは語り得ぬものを語ろうとしている - カフェパウゼをあなたと


読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/b/4589035219


Morilawさんのブログ
快読!ホーリツの森の探検隊|2013年06月01日


うっちゃりさん(予備試験受験生)のブログ
第六十七日 独学の2 | うっちゃりのブログ



蛇口さん(司法試験受験生)のブログ
6月3日の日記
憲法ガールに言及されておりますが、共に「刑訴ガール」についても取り上げていただき、ありがとうございます。


トシさんのブログ
憲法ガール 大島義則 | ボウリング上達実践記|ローダウン投法の要素でスコアアップを目指す


aiai3629さんのブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/aiai3629/64461155.html



『資料保管庫』管理人様のブログ
「憲法ガール」 - 資料保管庫・管理人のひとりごと


tihoujiti様(自治体職員)のブログ
2013-06-08 - 初心忘るべからず


荒川靖弘様のブログ
『インテンション・エコノミー』を読む — Baldanders.info
「だいたい『憲法ガール』だって横書きで書かれるご時世だよ。」とあります。


川村哲二先生(弁護士)のブログ
『憲法ガール』: ::::弁護士 川村哲二::::〈覚え書き〉::::


ユーカリブックスのサイト
本の高価買い取り中タイトルを更新しました 2013/06/07 | 古本買取なら【ユーカリブックス】CD・DVD、ブルーレイも!
なんと、2400円の「憲法ガール」を2000円で買い取り!


井藤公量先生(弁護士)のブログ
今日買った本 - Perfect & Complete


夢追人さん(ロースクール生)のブログ
http://ameblo.jp/dreamer-kouhei/entry-11548148818.html
「楽しそうな本読みたいな〜
 憲法だと権利上の作法、宍戸本、論点教室、急所、憲法ガールとかですかね。」とあります。


京都産業大学公式サイト
京都産業大学 大学院 法科大学院/法科大学院 特別講演会「憲法ガールの著者司法試験を語る」開催



ブログ:司法試験合格のために
憲法ガール: 司法試験合格のために


tkanadetugumiさんのブログ
http://blog.livedoor.jp/tkanadetugumi/archives/28265366.html


どんちゃんさん(ロースクール生)のブログ
お勧めの法律書⑳ | マイペースで司法試験上位合格を目指すぶろぐ


イラストレーターさんのサイト
http://sorafilm.exblog.jp/17939996/



内藤先生(司法書士)のブログ
京都産業大学法科大学院特別講演会「憲法ガールの著者司法試験を語る」 - 司法書士内藤卓のLEAGALBLOG


KINOS' Website
憲法ガール - [KINOS' Website] What's on!


camphoさんのブログ
http://campho.hatenablog.com/entry/2013/06/21/164603


大江ゆかりさん(司法試験受験生?)のブログ
憲法ガール | 大江ゆかりのブログ


ゼロさん(予備試験受験生)
留年、中退、元ロー生である社会人ゼロの予備試験・司法試験挑戦記 辰巳予備論予第一回反省会(´・ω・`)
「帰りに、話題の書、『憲法ガール』を買ってきました(´・ω・`)」とあります。予備試験の直前ですが、ぜひ同書の内容を整理して吸収して論文に書けるよう、頑張って頂きたいですね。


pekoさんのブログ
2013-06-22 - The 3rd floor


ブックガイド様(法務部員)のブログ
法務知財部マネージャーのブログ 憲法ガール


石橋法律事務所様のブログ
憲法ガール | 石橋法律事務所のブログ


平林勉様のブログ
中身が気になる… | 思考と体系の館~行政書士・司法書士 合格応援ブログ~


大次郎様(司法修習生)のブログ
http://blog.livedoor.jp/shinshi_gokaku_2011-2012_66/archives/28930712.html


persona non grata様(司法試験・予備試験受験生)のブログ
http://kaz7096713.blogspot.com/2013/06/blog-post_27.html
「ときに、「憲法ガール」が面白い。もしドラの如きブームを起こすか?」とあります。


全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)
九州大学で、「5位の「憲法ガール」が最終日入荷で売り切れ。法科大学院の学生の間で話題になっていました。」とあります。


大次郎さんのブログ
http://blog.livedoor.jp/shinshi_gokaku_2011-2012_66/archives/28997825.html
「解答例のレベルは極めて高く,これを本番の緊張状態の中で書き切るのは不可能とも思えますが,答案の理想像を自分の中に持っておくことはとても大事なので,少しでも解答例に近付けるように普段から意識して答案練習を積み重ねるとよいのではないかと思います。」とあります。


川村哲二先生(弁護士)のブログ
先週末の講演会2つと「消費者情報」最新号: ::::弁護士 川村哲二::::〈覚え書き〉::::


Rockで怠惰な1日様
お久しぶりです。: Rockで怠惰な1日


うるぴよ様のブログ
http://ameblo.jp/piyopoyo56/entry-11564714719.html


初心忘るべからず様
2013-07-02 - 初心忘るべからず
「職場でこんな対応をしたら、パワハラだなぁ。」とあります。


むっちーさん(大学生)のブログ
憲法ガール出版記念パーティのパシャリ | ペンタ日記


朝ぷさん(法科大学院生)のブログ
憲法の演習書(そのいち)(追記:8月9日) : ASAP's blog(基本書など)
「僕のイチオシは『憲法ガール』と「憲法の流儀」です(笑)。」とあります。


ussr8138さん(法科大学院生)のブログ
http://rd22long.blog.fc2.com/blog-entry-13.html
憲法ガール通読」をされたそうです。


京都産業大学のホームページ
京都産業大学法務研究科主催 大島義則弁護士講演会 | 京都産業大学


東京大学生協のホームページ
最新ランキング|12月|法律政治| |本郷書籍部|東京大学消費生活協同組合
堂々の第一位、おめでとうございます!!


大垣書店のブログ
「憲法ガール」の大島義則先生にご訪問いただきました!


まちのでんきやさんのブログ
読んでから 考えませんか 憲法を ~参院選争点・憲法改正~ | まちのでんきやブログ ~目指せトータル家電ライフの極み!!~
7月8日の報道ステーションで、女性向けの憲法の本ということで、「憲法ガール」が取り上げられております。


職業としての司法試験受験生様のブログ
『憲法ガール』を少しだけ読んでみた - 職業としての司法試験受験生
「おもしろいし、少なくとも下位ローの授業よりは絶対に役に立つと思います。下位ローに何年通っても、レミ先生が破り捨てた最初の答案のレベルに到達することさえ困難だと思います。」とあります。


大島義則「憲法ガール」に対する法クラの反応
大島義則『憲法ガール』出版に対する法クラの反応 - Togetter



以下、発見し次第追加予定。