アホヲタ元法学部生の日常

アニメを見て法律を思い、法律を見てアニメを思う法アニクラスタ、ronnorのブログ。頻繁にツイッター(@ahowota)に出没しております。メールはronnor1あっとgmail.comへ。BLJにて「企業法務系ブロガー」として書評連載中。 #新人法務パーソンへ #オタク流勉強法 #明認方法 「アホヲタ元法学部生の日常」(ブログ)、「これからの契約の話をしよう」(同人誌)、『アニメキャラが行列を作る法律相談所』(総合科学出版)等。

紹介のお礼等

葉月とその父の罪はいかに?ー月詠と刑事訴訟法 - アニメキャラが行列を作る法律相談所withアホヲタ元法学部生の日常
ゴルゴ31様にご紹介いただきました。コメントありがとうござました。最近は、大量の判例を読んで、その判例が「この事案」にあてはまるかを考えることが多く、月詠で同じことをしてみたというのがこの記事になります。どうもありがとうございました。
D.B.E三二型様ご紹介いただきました。はい、白山丸事件でございます。ありがとうございました。
三軒茶屋 別館様にご紹介いただきました。私は御殿場事件について詳細を知らないので、その件のコメントは差し控えさせていただきますが、継続犯か状態犯かよりも「やったか・やらねえか」で終わる犯罪(密出入国覚せい剤等)なのか「いつどうやってどうなったか」まで問題となる犯罪か(殺人等)が重要な気がします。家から白骨死体が出てきたけれども、黙秘したら無罪になった*1といった事案があるように、殺人では具体的な態様がわからないと因果関係等の認定も難しいですし、なかなか大変のようですね。
痕跡症候群様にご紹介いただきました。ありがとうございました。
機能の黒板みたび:So-net blog様にご紹介いただきました。ありがとうございました。

*1:ケースの詳細を知らないので、無実なのかもしれません。