アホヲタ元法学部生の日常

アニメを見て法律を思い、法律を見てアニメを思う法アニクラスタ、ronnorのブログ。頻繁にツイッター(@ahowota)に出没しております。メールはronnor1あっとgmail.comへ。BLJにて「企業法務系ブロガー」として書評連載中。 #新人法務パーソンへ #オタク流勉強法 #明認方法 「アホヲタ元法学部生の日常」(ブログ)、「これからの契約の話をしよう」(同人誌)、『アニメキャラが行列を作る法律相談所』(総合科学出版)等。

証券取引

有価証券報告書を利用したブラック企業かの見分け方

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない作者: 黒井勇人出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2008/06/26メディア: 単行本購入: 8人 クリック: 2,633回この商品を含むブログ (93件) を見る 1.はじめに 就職活動が解禁され、法学部の3年生の皆…

不注意な「契約」をした「インキュベーター」取締役の責任が認められた事案〜カブトデコム事件

魔法少女まどか☆マギカ ラバーキーホルダー キュゥべえ出版社/メーカー: ブロッコリー発売日: 2011/09/09メディア: おもちゃ&ホビー購入: 1人 クリック: 22回この商品を含むブログ (2件) を見る 1.起業支援者としての「インキュベーター」 IPO(アイ・ピー…

緊急出版「大震災と株主総会の実務 」を読む〜実務の方向性を決定づける一冊

大震災と株主総会の実務作者: 中村直人,山田和彦出版社/メーカー: 商事法務発売日: 2011/04メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 57回この商品を含むブログ (2件) を見る1.株主総会をどうする!? 五月六月総会企業の法務部員必携の書 三月決算の会社は、…

五分五分以上かの判断の難しさ〜IFRSと弁護士業務

決算書の50%は思い込みでできている作者: 村井直志出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2011/03/04メディア: 単行本 クリック: 16回この商品を含むブログ (5件) を見る1.決算期の恒例行事 弁護士事務所における決算期の恒例行事と言えば、監査法人から…

第三者委員会の限界〜「山一証券法的責任判定委員会」の検討

命燃やして―山一監査責任を巡る10年の軌跡作者: 伊藤醇出版社/メーカー: 東洋出版発売日: 2006/04/22メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 16回この商品を含むブログ (3件) を見る1.第三者委員会の時代の到来 一昔前までは、不祥事が起これば「隠す」とい…

東証Project「東方粉飾劇」で学ぶ粉飾決算

最近の粉飾―その実態と発見法作者: 井端和男出版社/メーカー: 税務経理協会発売日: 2010/05メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 67回この商品を含むブログ (1件) を見る注:残念ながら、東方粉飾劇はAmazon未発売のため、粉飾決算に関する標準的な研究書を代…

資産除去債務に関する会計基準(企業会計基準第18号)により、資産取得時に資産除去債務の割引現在価値を当該資産の帳簿価額に含めて計上する

Q&A資産除去債務の実務ガイド作者: KPMGあずさサステナビリティ出版社/メーカー: 中央経済社発売日: 2010/02メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 27回この商品を含むブログ (1件) を見る公認会計士をやっている先輩が離婚したということで、一緒に飲むこと…

条文の曖昧さをQ&Aで補うことの危険性〜治安維持法とカネボウ事件から〜

治安維持法小史 (岩波現代文庫)作者: 奥平康弘出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2006/06/16メディア: 文庫 クリック: 33回この商品を含むブログ (21件) を見る本エントリは、「条文の曖昧さをQ&Aで補うことの危険性」の一般論について研究するものでありま…

マクロス事件について

超時空要塞マクロス メモリアルボックス [DVD]出版社/メーカー: バンダイビジュアル発売日: 2008/02/22メディア: DVD クリック: 37回この商品を含むブログ (45件) を見る この4月から、マクロスFrontierが放映開始となる。 このFrontierを最新作とする、超…

金商法上の自主規制とメディアの自主規制(試論)

こどものじかん 1 (アクションコミックス)作者: 私屋カヲル出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2005/12/12メディア: コミック購入: 4人 クリック: 124回この商品を含むブログ (339件) を見る1.自主規制が肯定的に論じられる文脈と否定的に論じられる文脈 金融…

書評「金融広告を読め」〜儲けのカラクリから読み解く金融商品のリスク

金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか (光文社新書)作者: 吉本佳生出版社/メーカー: 光文社発売日: 2005/05/17メディア: 新書購入: 3人 クリック: 45回この商品を含むブログ (59件) を見る1.本書の位置づけ 新聞、テレビ、インターネット等に、…